2005年11月22日

コソーリ】順応そのに。墓参り【コソーリ

ということで、本日休日だったわけですが、
奇遇にも「曾祖母の35回忌」というのが朝判明しまして
墓参りへ、祖母と、その妹と出かけてまいりました。
お墓へ行くのは、今年の盆にはいなかったので、
去年の夏以来でございました。

桶に水を汲み、柄杓で墓石を洗おうと思いましたが
曽祖父、曾祖母、そして祖父ともに(霊魂が)若くはないし
寒いので風邪をひくかもしれないからやめよう、
と大叔母がいうので、墓石を濡らすのは断念して
墓の周りの玉砂利をじゃりじゃりと洗ってきました。

わたくしといたしましては、一応直系の祖先なわけですが、
残念ながら、わたくしの誕生時にはみんな亡くなっており
直接お目にかかる機会のなかった方々ばかりなのですが、
母方の血は、いわゆる霊感というものがみな強いせいか
幼い頃から“この方々だわ”という気のする存在には、
何度もお世話になっているわけです。
平気で海を渡ってパスポートなしで米国にいらしたことも
けっこうあるわけですよ。

こういうことを申し上げますと、ひく方もいると思いますので
苦手な方は、スルーお願い申し上げます。
・・・って書くの遅かったですか?

2歳の時に、初めてねだったものは、数珠。
3歳の時には、般若心経を完全暗記しておりました。
そんなわたくしの、小学生の時に欲しかったものは
納 骨 堂 でした。今もちょっぴり欲しいです。
中学生の時に、我が家の宗派が禅宗だったせいもあるのか、
空無想無作の三門に心をつかまれ、いつか悟りを・・・
なんて志したのは今は昔の話ですが、
それと平行して別の仏教宗派、密教なんかにも興味を示し
もちろん神道、陰陽道なんかも若干さわりました。

・・・いや、そんなわたくしの過去なんかは
どーだっていいんですけど。
だからね、ナニがいいたいかというと、今朝、
まどろみのなかに、その曾祖母らしき人が現れて

「私ね、今とっても明るいところにいるのよ。遊びに来てね」

と言われたんですよ。母や叔母は仕事でいないので、
わたくしのところにいらしたのでしょうが、
なんか、ああ、日本にいるんだなーって、無性に思ったので。
それだけのお話でございます。
posted by Betty* at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

コソーリ】順応そのいち。ケータイ【コソーリ

みなさんお元気ですか?一応社会復帰はしたものの、
日々是決戦!状態のわたくしでございます。

DELL子をつないで見たものの、ウイルス、スパム、
なんか色々とフルコースで堪能させていただき、
今も、起動に1時間くらいかかる状態でございます。
現在、毎日9時間労働のわたくしといたしましては
DELL子をたちあげる余裕などなく、このように
ネット上引き篭もりな状態にあるわけですけれども
そういえば、BLOGって、確か携帯からも更新できますよね?
さっそく明日から試したいと思います。

さて、その、そろそろ慣れてきた携帯なんですけどね、
今購入して2ヶ月ちょっとなのですが、
メールを送信しようとすると強制終了(しかも知らぬ間に)
するんですけど、おかしくないですか?
改めて電源をいれてみても、当然送れてないし
それどころか、せっかく書いたメール自体
跡形なく、きれいさっぱり消え去ってるって・・・
日本の携帯って、みんなこうなのー???

さらに、ある日突然、時計が1時間すすんでました。
イタリア時刻はあってるのに、日本時刻のみ。
ひとりで意識だけ香港に飛んで行ったのでしょうか?
仕方ないので、現在は、シドニー時間にあわせています。
日本の携帯って、みんなこうなのー???

最後に、職場ったら、ちゃっかり圏外(山の中なの)なので
てっきり、みんな使えないもんだとばかり思ってたら
みんな普通にメールとか打ってました。。。
おかしいのは、わたくしの携帯のみだったようです。

明日はおやすみなのですが、アルバイトをしているので
明日も寒い中働きたいと思います。
それではみなさま、ごきげんよう。
posted by Betty* at 19:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。